日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


美容整形の概要>美容と理容

★美容と理容

理髪店の例(大阪市・京橋駅・大阪環状線外回りホームのQBハウス)美容(びよう)とは、容姿を美しくすることをいい、理容(りよう)とは、容姿を整えることをいう。おおまかには女性を対象としたものが美容、男性を対象としたものが理容とされることが多い。

美容と理容の意味は似ているが、法律では次の通り区別されている。

理容: 頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えること (理容師法第1条の2)

美容: パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること (美容師法第2条)
近年では、顔や体を美しくしたり、もしくはそう見えるように整えたりすることに関心が集まり、美容という言葉をよく聞くようになってきている。最近は男性も理容院(床屋)ではなく美容院を利用したり、シェービングのために女性が理容院を利用する場合も多く、両者の境界の区別は明確でなくなりつつある。理容院の店の多くは、店の前にサインポールと呼ばれる赤白青の細長い看板がクルクルと回転している。(詳しくは美容師と理容師を参照)

韓国では床屋で全身マッサージや垢すり、さらに性的なサービスを受けられる店もある。上記のサインポールが目印になっているがサービス内容は店によって異なる。
タグ:美容と理容
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>美容と理容

美容整形の概要>美容と理容

★美容師と理容師

美容師(びようし)は、髪型を整える職業であり、理容師(りようし)は、髪を切る職業である。美容師と理容師を合わせて理美容という。

美容師、理容師になるには、美容師免許又は理容師免許の取得が必要であるが、そのためには、大学に入学できる者(高卒者)がそれぞれ厚生労働大臣が指定する美容師養成施設または理容師養成施設に2年以上通い、美容師国家試験または理容師国家試験に合格すること必要がある。試験は財団法人理容師美容師試験研修センターが行う。

現在、整髪後においてサービス行為の「なでる・押す・揉む・叩く」あらゆる行為は、「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」に違反する行為で、金品の授受が無くとも行為を継続して行う事は30万円以下の罰金刑である。
タグ:美容と理容
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>美容と理容

美容整形の概要>美容と理容

★理容師と美容師の違い

おおまかに言えば、男性を対象とするのが理容師、女性を対象とするのが美容師である。 厳密には法律によって、

理容
頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること

美容
パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること
と定義されている。 さらに、理容業・美容業は一つの店舗を共用して同時に営業することはできない。 つまり、整髪の方法・場所を理美容毎に限定することで住みわけを図っていた。 (これは保育園と幼稚園との関係に似ていなくもない。)

しかし現実には、どちらの業種とも顧客ニーズの多様化への対応と新規顧客を獲得するために相手の領域に進出しようしている(業権争い)。 理容業でもパーマを行うところもあり、 美容業側も数年前から、昭和23年の旧厚生省通達

「化粧に附随した軽い程度の「顔そり」は化粧の一部として美容師がこれを行っても差し支えない」
をたてに、顔そりを行うようになりつつある。
タグ:理容と美容
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>美容と理容

美容整形の概要>美容と理容

★美容と理容「適正化規程」の成立

第二次世界大戦後、経済復興の過程において、理美容業は比較的安定した収入が得られる職種であったため就業者が増加した。そのため業界は昭和26年ごろから過当競争に陥り、中小事業者は経営が困難となった。業界では保護を求めて国会に陳情を続け、結果昭和31年に議員立法で環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律(いわゆる環衛法。2000年の法改正により、「生活衛生関係営業の運営の適正化及び進行に関する法律(生衛法)に名称変更されている。)が成立した。 この法によれば、理美容組合は組合員の健全な営業が阻害される恐れがある場合、適正化規程を定め、組合員に対し営業日・営業時間・技術料金などの制限を課すことができた。これは事実上零細業者の保護を目的としたカルテルであるが、独占禁止法の適用は除外された。

これ以降業界は安定し、バブル崩壊後の物価下落局面に際しても散髪価格はあまり低下しなかったほどであった。 なお、適正化規程については、平成10年3月末をもってすべて廃止されており、現在では組合による料金、営業方法等の制限は行われていない。
タグ:美容と理容
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>美容と理容

美容整形の概要>美容と理容

★美容と理容・ニーズの多様化と規制緩和

1990年代に入り、顧客ニーズに変化が現れ始めた。特に流行に敏感な若い男性が従来女性の領域だった美容室に通うようになり、理容・美容間の垣根が低くなっていった。 また大手資本もこの分野に参入するようになった。そんな中、従来の規制の元では顧客を取りこめないため、一部には規制緩和を求めたり、さらには組合を脱退して独自の業態で運営したりする店も現れた。 組合もこの流れには抗しきれず、適正化規定を1998年3月末までに廃止した。(といっても、従来からの店ではいまだに古い規制を惰性で維持しているところも多い。) その一方で、議員立法による理容師法、美容師法の改正により、1998年4月から、理容師・美容師免許が国家試験化されるとともに、受験資格が養成施設の入学資格が原則として高卒とされるなど、資格取得の要件が厳しくなった。

1999年、テレビ番組『シザーズリーグ』で高度な芸術性とテクニックを持った美容師たちが取り上げられ、「カリスマ美容師」ブームが起きた。これを見て美容師を目指す若者が増え、結果として一部では過当競争や労働条件の悪化を招いている。

現在、理美容業は従来にない競争の時代を迎え、業態も多様化している。 今後は理容・美容の垣根の撤廃、さらなる規制緩和が行われるとする意見もある一方で、両資格の資格の専門性を高めるための動きも見られるところである。 なお、QBハウスや日本フランチャイズチェーン協会が行った構造改革推進特区、規制改革の提案は、いずれも認められておらず、2005年5月の構造改革推進特区有識者会議においても、重点検討項目の候補としては俎上に上ったが、最終的には重点検討項目からは落ちている。

また、美容業者についは現状では整髪・化粧に留まらず、いわゆる理髪・理容業の範囲を侵し、理容業においても法解釈上、化粧など美容業の職域を侵している事例があることから、歴史的経緯を超越し、理・美容統一資格を策定(過渡期においては旧理・美容資格者に新資格を与える等)すべきとの意見もある。

但しその場合には、美容師は以前より芸能界とのコネクションを有し、それを通じ政財界との結びつきが強いので理容師の立場が美容師に一方的に侵食されない配慮は必要であろう。(例えば資格の相互認定・一定の講習により相互の資格を無条件認可など) 尚、今後の理、美容師数の変化の見通しとしては美容師数は増えるが理容師数は暫減するであろうと予想される。
タグ:理容と美容
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>美容と理容
SEO|SEO対策
SEO対策でアクセスアップ
最近のコメント
ホワイトニングと歯列矯正で歯をキレイにが常識 by 吸引力の変わらないただひとつの… (08/02)
高須クリニック ・高須院長自ら実践したアンチエイジング by 無料 (01/24)
美容整形・プチ整形に登場した新施術 時間差できれいになる“ばれない”美容整形 by 無料 (01/24)
美容整形発想の「ミッションDR」ブランドから、たるみ顔に対応する新製品 by 無料 (01/24)
美容整形・ハン・エリが整形手術で大量出血、一時集中治療室に by 無料 (01/24)
最近のトラックバック
★形成外科学 by 外科学の極意(02/02)
★形成外科学 by 外科学の厳選紹介(01/22)
審美歯科・矯正歯科不正咬合の治療 by 歯、知らないと痛い!歯の話(10/01)
美容外科・さかえクリニック by (09/26)
審美歯科・ファミリーデンタルイシダ by 日本の感動(09/16)
RDF Site Summary
RSS 2.0

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。