日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


美容整形の概要>身体装飾

★身体装飾

身体装飾(しんたいそうしょく)とは、身体に直接、もしくは身につける下着、服飾などで、身を飾り立てることを言う。化粧することや、衣類・装飾品から始まり、身体に穴を開けたり、入れ墨や焼き印をしたりすることまで含む。木の板や枝を体に空けた穴に通すなど道具を使う身体装飾もある 自然信仰の盛んな地域では自然霊・動物霊の力を手に入れるために自らの体に入れ墨を入れることもあった。また世界的に入れ墨は罪人の証として使われ、罪人は額や手首に入れ墨をされた。

近代以前の中国では、女性の足を型にはめて極端に小さくし、自分では歩行困難にしてしまうようなものも行われたことがある。「纏足」(てんそく)と呼ばれたが、装飾であっても、まれに女性というジェンダーに対して、社会的な拘束、暴力となるような不利益が装飾としてなされることもある。

日本ではお歯黒と呼ばれる歯の身体装飾の文化があった。
タグ:身体装飾
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★身体装飾・ファッション

ファッション(和製英語)とは、服飾や髪型、化粧のスタイル(装い)のことで、なかでも人々のあいだで流行している服装を指す。

英語で流儀や流行を意味する(動詞としては形作ることを意味する)fashionが語源であるが、日本語に取り入れられた際には狭い意味で冒頭のような意味のみを指す言葉になった。本来の「流行」の意味は薄れ、「定番のファッション」「独特なファッション」、さらには「ファッションの流行」という日本語の言い回しも可能となっている。

毎年様々なファッションが生まれているが、ファッションを生み出しているのは現在でもファッションデザイナーの役割である。しかし最近の日本では、一部の流行を紹介するファッション雑誌や、「ストリート」が新たなファッションの作り手となることもあり、多様化している。(ファッションの流行色の場合は、まず「日本流行色協会」が二年以上前から実シーズンの流行色をグループ化して選び設定し、一年半前に発信する。ファッション業界や出版界はそれを参考に、流行するとおぼしき色を選び商品の企画やトレンドとして生活者に広める)

服装や、髪型などの今の流行を紹介するファッションショーが世界各地で行われている。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★身体装飾・ファッション・用語解説

オートクチュール - フランス語で「特注の仕立て服」の意。いわゆるオーダーメイドなのであるが、ファッション業界内でオートクチュールといえば通常、「サンディカ」と呼ばれるパリの高級服専門の組合に所属している店の商品に限られる。また、パリとローマで1月と7月に開催される「オートクチュール・コレクション」は、前述の「サンディカ」に所属するメンバーと、その他の少数のメゾンにしか発表が許されていないファッションショーである。
プレタポルテ - いわゆる「既製品」であるが、通常は一流のデザイナーがデザインを手掛け、仕立てた既製品にのみ当てはめられる言葉。こちらもオートクチュールと同じく「コレクション」と呼ばれるファッションショーがあり、2月 - 4月、9月 - 12月までの間。ニューヨーク、ロンドン。ミラノ、パリ、東京の順で開催されるショーである。
古着 - 一度商品として市場に出回り、所持者がその所有権を放棄した服を、古着業者が回収して販売している物。特に価値の高いものをヴィンテージと呼ぶことがある。
アウトレット - わずかな瑕疵品や余剰生産品などを、正規店よりも安い値段で売ること。ここで売られる品はアウトレット品、そのようなものを扱うモールは、アウトレットモールと呼ばれる。
裏原宿
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★身体装飾・洋服文化とファッション―日本における歴史

日本において、服装の西洋化が広まることとなった直接の要因は1858年の日米修好通商条約に遡るといわれている。この条約により各地の港が開かれ、役人や通訳などの直接外国人と交渉をする立場の人間を中心として服装の西洋化が広まっていくことになる。 (1543年の種子島へのポルトガル船漂着時より鎖国までのしばらくの間にも、一部の大名などに贈呈されるなどして少数ながらも流通はしており、江戸時代末期では長崎の出島などでは特別珍しいものではなかった)

1864年、禁門の変を理由に長州征伐の兵を挙げた幕府は、その時の軍服を西洋式にする事に決め、急遽小伝馬町の商人である守田治兵衛(上田とも)が2000人分の軍服の製作を引受け、試行錯誤しながらも作り上げた。日本においての洋服の大量生産は記録に残る限りこれが初である。また、断髪令により髪型も従来の髷から散切り頭になった。

その後しばらくは小規模ながらも各地に洋服の貸出し店や洋服販売店ができ、1871年(明治4年)、陸軍や官僚の制服を西洋風に改める事を定めた天皇の勅諭(太政官布告399号「爾今禮服ニハ洋服ヲ採用ス」)が発せられ、以後警官、鉄道員、教員などが順次服装を西洋化する。

1923年(大正12年)、関東大震災で、身体の動作を妨げる構造である和服を着用していた女性の被害が多かった事から、翌13年に「東京婦人子供服組合」が発足、女性の服装にも洋式化が進むことになる。

1927年(昭和2年)9月21日、当時の銀座三越において日本国内初のファッションショーが開催される。これは一般よりデザインを募ったファッションショーでもあった。また、日本橋にあった「白木屋」デパート(後の東急百貨店日本橋店の前身、日本橋店は1999年に閉店、現在の「コレド日本橋」の場所)にて発生した大規模火災で、やはり和装の人々に被害が多かったことも相まって、従業員の服装を洋式に改める百貨店が増加し、更にそれに倣う形で、大衆の服装の洋式化も徐々に広まった。

1930年代後半から1940年代前半にかけては戦時体制により繊維、衣服の統制が極端に進み、さらに百貨店自体の売り上げも低迷した時期でもあった。
1945年に衣料切符制度がとられ、国民服と呼ばれる統一規格の洋服が配給され、数少ない配給衣服の着用での生活を余儀なくされる。絶対量が少なかった為、和服をもんぺに作り替えた女性も多かった。


戦争による壊滅的な打撃を受けた日本は、敗戦後はアメリカなど連合国からの援助に頼ることになった。食料など様々な物資不足はもとより、衣服も不足し闇市でも入手できない立場の大衆は、1948年からGHQの放出衣料による古洋服の着用を始める。戦争からの開放感もあり「占領軍ファッション」として、中古アメリカ衣料への傾倒が起こり、戦後初めての流行感覚が生まれた。

ナイロンをはじめ化学繊維の統制撤廃の後、化学繊維を使用した衣服が作られ始めるのは1951年頃である。日本の繊維産業はすべて手探りの状態から、ビニロンやテトロン、レーヨンなどの合成繊維の開発、製造を始めた。

1953年(昭和28年)には、当時ヨーロッパで隆盛を極めたファッションデザイナーのクリスチャン・ディオールが来日し、海外ファッションの導入が始まった。当時の洋服は基本的に注文品で、オーダー服を基軸にしたオートクチュールであった。しかし、日本国内では繊維不況のあおりを受け、そのような華やかな最新ファッションには大衆は手が出なかった。

1958年(昭和33年)には、同じくピエール・カルダンが来日。量産のプレタポルテの時代の到来を告げる。当時、オーダー服と量産既製服の占める割合は7対3にまでなりつつあった。この後、1960年代以降から衣料の大量消費の時代が始まることになる。しかし、一般には修繕した継ぎのあたった衣服は、家庭での普段着や作業着にまだ多く目につく時代だった。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★身体装飾・ファッション写真

ファッション写真とは、ファッションを写した写真で、通常は、対象となる服または服飾品を身につけたファッションモデルを撮影し、広告に用いたり、広告以外でファッション雑誌などのページに用いられたりする写真の総意である。

なお、モード写真という用語もあるが、これは、ここでいうファッション写真だけではなく、広告や雑誌に用いることを全く想定していないファッション(服・服飾品)の写真、例えば、着飾った上流階級の婦人をスナップ的に撮影した写真(ジャック=アンリ・ラルティーグ(Jacques-Henri Lartigue; 1894-1986)などの作品)なども含む。

ファッション写真は、写真の他の分野と比べても、歴史的に成立が遅く、ほとんど20世紀に入って成立したと言われる。これは、ファッション写真の場合、報道写真と同様に、複製され印刷情報媒体に乗ることが大前提となっており、その当初の媒体である「ファッション雑誌」が普及したのが、20世紀に入ってからである、ということに深く関係している。

ファッション写真を掲載した20世紀前半の雑誌としては、ヴォーグ(VOGUE、アメリカ版は、1893年創刊。当初は、ゴシップ誌のようなものであったが、Conde Nast Publications, Incに1909年に買収された後、ファッション雑誌と方向転換をする。イギリス版は1916年創刊、フランス版は1922年創刊)とハーパース・バザー(Harper's BAZAAR, 1867年Harper & Brothers 社が創刊(創刊時のタイトルはHarper's BAZAR。1929年に現在のつづりとなる。1913年に、Hearest Corporation(William Randolph Hearest)が買収した後、誌面が刷新された)の2誌が双璧である。

この2誌からは、極めて多くのファッション写真が発信され、この2誌を「出身」とする写真家も多い。特に有名なのは、ハーパース・バザーにおいては、1930年代半ばから1950年代末にかけて、編集者カーメル・スノー(Carmel Snow)、そして、スノーが登用したアートディレクターアレクセイ・ ブロドヴィッチ(Alexey Brodovitch; 1898-1971)の2人コンビが築き上げたいわば「黄金時代」、一方のヴォーグにおいては、これに対抗するかのようにアレクサンダー・リーバーマン(Alexander Lieberman; 1912-1999)がアートディレクターを務めた1940年代・1950年代であろう。

なお、ファッション写真は、一応の地位を確立したと思われる1920年代、1930年代あたりでもなお、いわば「新参者」の分野として、例えば、報道写真よりも1段低いものと考えられていた節がある。その当時、そう考えていた人々が、現在のファッション写真の興隆・隆盛、またその自由さやステイタスを見たとしたら、大いに驚くであろう。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★身体装飾・1960年代あたりまでのファッション写真の大まかな歴史

★ファッション写真の大まかな歴史・草創期

最初期においては、アドルフ・ド・メイヤー(Adolf de Meyer; 1868-1946、ヴォーグの最初の専属写真家)とエドワード・スタイケン(Edward Steichen; 1879-1973、ヴォーグ)が、スタジオにおいてピクトリアリスム的なソフトフォーカスなどの手法で、いわば耽美的・幻想的かつ優雅なファッション写真を撮影している。
タグ:身体装飾
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・成熟期

これを受けて、セシル・ビートン(Cecil Beaton; 1904-1980、イギリス版ヴォーグ)とホルスト・P・ホルスト(Horst P. Horst; 1906-1999、フランス版ヴォーグ)は、ピクトリアリスムを捨て、シャープな視線で、モデルの撮影を続け、競い合うようにして、スタジオにおけるファッション写真の質を、著しく高めた。この結果、1920年代後半から1930年代にかけて、スタジオにおけるファッション写真は、一応の完成をみたといえるだろう。いわば、最高のモデルを、スタジオ・ライティングなど最高の撮影条件のもとで撮影する、というスタイルである。

これ以降は、この完成したスタイルをどう壊し、どう変化させて、新しいものを作っていくか、という歴史となる。

なお、この2人といえども、このスタイルに安住してその後変化を怠っている、という訳ではなく、後進の動きを取り入れつつ、自分たちが完成させたスタイルを乗り越えて、大きく変化させて行く事に成功している。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・解放期

スタジオ・ファッション写真の完成と並行して、戦後へと続いていく、大きな動きが始まっていた。
1920年代後半には、ジョージ・ホイニンゲン=ヒューン(George Hoyningen-Huene; 1900-1968、ヴォーグのちハーパース・バザー)が、屋外に出て撮影したり、複数のモデルを1枚の作品に用いるといった、今まででは考えにくい、手法を用い始めた。
さらに、1930年代に入ると、ジャーナリズム出身(報道写真出身)のマーティン・ムンカッチ(Martin Munkacsi; 1896-1963、ハーパース・バザー)が登場し、ホイニンゲン=ヒューンの手法に加えて、タブーともいえる、動きとモデルの自然な表情をとりいれた。例えば、「笑いながら走る女性」という、現在では何の変哲もないが、当時で言えば革命的ともいえる写真である。これにより、以前は、動きも表情もない(または凍りついたような笑いの)正にマネキンのようだったモデルが、その呪縛から解放されることになる。

なお、このような動きは、同時期にノーマン・パーキンソン(Norman Parkinson; 1913-、ハーパース・バザー)も採用しており、戦後のファッション写真に向かう大きな動きが、この1930年代に始まったといえる。

また、この時期にもう1つ指摘しておかねばならないのは、ファッション写真にシュルレアリスム的な感性の流入があったということである(ヴォーグよりも、ハーパース・バザーの方が傾向として強い)。

マン・レイ(Man Ray ; 1890-1976)、アーウィン・ブルーメンフェルド(Erwin Blumenfeld; 1897-1969)、アンドレ・ダースト (André Durst; 1907-1949)といった作家による、シュルレアリスム的美学(ピクトリアリスムとはまた違った幻想性・耽美性)を持った作品が、ファッション雑誌に掲載され(むしろファッション雑誌が積極的に採用し)、その感覚も、以降のあらゆるファッション写真に取り込まれていくことになる。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・演出期

1930年代後半から1940年代にかけて、スタジオ的感覚も、屋外的感覚も、消化の上、すべて取り入れ、ぎこちなさもなく、自由に扱うことができるような時代が到来しつつあった。

多様な感性が流入してくるとともに、演出性が増していき、ストーリー性にもつながっていくのがこの時代の特徴である。写真だけを独立させてとらえにくくなる、別の言葉でいえば、アートディレクション(デザイン)と強く関係してきて、それと切り離せなくなるのである。総論で述べた、アートディレクターの活躍と深い関係があり、アートディレクター主導といっていい作品も増えてくる。女性作家が大きく活躍し始めるのも、この時期である。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・この時期を代表する具体的な作家

ファッション写真の大まかな歴史・この時期を代表する具体的な作家としては、

クリフォード・コフィン(Clifford Coffin; born 1916、ヴォーグ)
ジョージ・プラット・ラインス(George Platt Lynes;1907-1955、ハーパース・バザーおよびヴォーグ)
ルイーズ・ダール=ウォルフ(Louise Dahl-Wolfe; 1895-1989、女性/ハーパース・バザー)
リリアン・バスマン(Lillian Bassman; b. 1917、女性/ハーパース・バザー)
フランシス・マクローリン=ギル(Frances McLaughlin-Gill; b. 1919、女性/ヴォーグ)
ハーマン・ランショフ(Harman Landshoff; b. 1905、ハーパース・バザーおよびヴォーグ)
ルイス・フォア(ルイス・ファウア、Louis Faurer; 1916-2001)
などが有名である。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・完成期

1950年代から1960年代にかけては、最大限の演出を見せたり、本当は演出されているに隠して自然に見せたり、自由自在に演出を操っていく時代になった。
モブ・シーンあり、動物(ゾウなど)あり、町の中のスナップ的写真(演出があるのに隠している)ありと、およそファッション写真に、できないことは無くなったとまで言える。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・具体的な主要作家

ファッション写真の大まかな歴史・具体的な主要作家としては、以下のとおりである。

フランク・ホーヴァット(Frank Horvat; b. 1928、途中からハーパース・バザー)
リチャード・アヴェドン(Richard Avedon; 1923-2004、ハーパース・バザー)
アーヴィング・ペン(Irving Penn; b. 1917、ヴォーグ)
ウィリアム・クライン(William Klein; b. 1928、ヴォーグ)
とくに、アヴェドンとペンのファッション写真における活躍、他への影響は、以前のなにものにも増して、重要でとされる。

1960年代には、現在の感覚からいう、ファッション写真の完成を見、ここにおいて1930年代の「古めかしい」スタジオ系のファッション写真が終わった、といえるだろう。

この時代以降は、ここで完成されたスタイルをさらに壊していくという動きが始まり、ファッション写真は混沌ヘ向かったと言う者も居る。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・日本語の主要参考文献

世界写真全集第9巻/ファッション・フォトグラフィ/集英社/1983年(新装版1989年) :

ファッション写真の研究には欠かせない文献。ただし、日本の写真家を取り扱っていないこと、(刊行年から判断できるように)1980年代後半以降の作品および研究成果(例えば、バスマンについての評価など)が取り入れられていないこと、の2点に注意が必要。
太陽1992年7月号・特集100 Fashion Photos/平凡社/1992年 :

上記文献よりも新しいこと、日本人写真家や、ややマイナーな写真家も十分に取り上げて網羅的な内容になっていること、の2点から、上記文献を補う位置にある。ただ、1作家1ページ、という取り扱い方であるため、1作家ごとの情報量は極めて少ないという欠点があり。それでも、詳しい研究のための足がかりとして用いることは可能。なお、雑誌であるため、公立図書館で見ることが困難な場合があることに注意が必要。
VANITÉS/19世紀〜20世紀モード写真展【虚栄】/朝日新聞社/1994年 :

1994年から1995年にかけて、三越美術館、名古屋市美術館、サントリー・ミュージアム[天保山]に巡回した同名の展覧会の図録。30名弱の写真家が取り上げられ、1作家につき10点前後の作品が掲載されているため、主要なファッション写真の名作を見ることができる。しかし、ムンカッチとアヴェドンが含まれていないという、若干信じがたい人選があり、他にも落としている作家があるため、網羅的な内容とまではいえない。なお、展覧会カタログであるため、公立図書館で参照することは、まず不可能であることに注意が必要。
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%86%99%E7%9C%9F" より作成
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾

美容整形の概要>身体装飾

★身体装飾・ファッションモデル

ファッションモデルとはファッション雑誌や広告(宝石やファッションブランドなど)、アパレルカタログの被写体になったり、ファッションショーで衣服を着せられステージに立つモデルである。

ファッションモデルには、大きく分けて以下の三種類がある。

ハイファッション:ファッションショーの出演や、ファッション雑誌のメインページ、有名ブランドの広告キャンペーンなど。
コマーシャル:アパレル会社のカタログやパンフレット、広告、ウェブサイトなど。
パーツ:首まわり、指先、脚など部分撮り専門のモデル。身体の一部分に飛び抜けた魅力が要求される。 俗に「手タレ」などと呼ばれる。
雇用形態にはモデル事務所への所属や、ファッション雑誌の専属などがある(専属モデル(せんぞくもでる))。通常、ファッションモデルの寿命は5年から長くて10年程度だと言われており、その後は俳優への転身をはかる場合が多い。

また、1990年代以降、ストリート系のファッション誌は、ストリートの流行をすばやくキャッチし制作コストを下げる目的もあって、プロのモデルではなく街頭スナップや読者モデルを多く取り入れるようにしている。このためモデルは出演料の低下に悩むことになり、プロフェッショナルモデルの減少に繋がった。

ファッションモデルは、高身長で頭部が小さく痩身というイメージがあるが、プロポーションがよければ広告や雑誌などではとくに高身長は要求されない。一方、ファッションショ ーはライブで行われるため、カメラでの細工は不可能で遠くから見ても存在感が必要になり、観客にインパクトを与えなくてはならない。そのため、日本では女性で身長170センチ以上(海外ブランドでは175センチ以上とも)、男性で 180センチ以上が必要といわれる。また、カタログでも全身を写すため高身長のほうがよいといわれる。

なお、パーツモデルの場合は身体の一部分にのみ突出した美しさが要求され、身長やプロポーションは問われない。代わりに傷がついたり怪我をすると、モデルとしての価値が無くなってしまうため、日常生活に細心の注意を払っている。「手タレ」「足タレ」などという呼称は彼、彼女らがタレントではなくモデルであることから、ふさわしい呼称とは言い難く、本人達も嫌忌する傾向がある。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾
SEO|SEO対策
SEO対策でアクセスアップ
最近のコメント
ホワイトニングと歯列矯正で歯をキレイにが常識 by 吸引力の変わらないただひとつの… (08/02)
高須クリニック ・高須院長自ら実践したアンチエイジング by 無料 (01/24)
美容整形・プチ整形に登場した新施術 時間差できれいになる“ばれない”美容整形 by 無料 (01/24)
美容整形発想の「ミッションDR」ブランドから、たるみ顔に対応する新製品 by 無料 (01/24)
美容整形・ハン・エリが整形手術で大量出血、一時集中治療室に by 無料 (01/24)
最近のトラックバック
★形成外科学 by 外科学の極意(02/02)
★形成外科学 by 外科学の厳選紹介(01/22)
審美歯科・矯正歯科不正咬合の治療 by 歯、知らないと痛い!歯の話(10/01)
美容外科・さかえクリニック by (09/26)
審美歯科・ファミリーデンタルイシダ by 日本の感動(09/16)
RDF Site Summary
RSS 2.0

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。