日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


美容整形の概要>身体装飾

★身体装飾・ファッション写真

ファッション写真とは、ファッションを写した写真で、通常は、対象となる服または服飾品を身につけたファッションモデルを撮影し、広告に用いたり、広告以外でファッション雑誌などのページに用いられたりする写真の総意である。

なお、モード写真という用語もあるが、これは、ここでいうファッション写真だけではなく、広告や雑誌に用いることを全く想定していないファッション(服・服飾品)の写真、例えば、着飾った上流階級の婦人をスナップ的に撮影した写真(ジャック=アンリ・ラルティーグ(Jacques-Henri Lartigue; 1894-1986)などの作品)なども含む。

ファッション写真は、写真の他の分野と比べても、歴史的に成立が遅く、ほとんど20世紀に入って成立したと言われる。これは、ファッション写真の場合、報道写真と同様に、複製され印刷情報媒体に乗ることが大前提となっており、その当初の媒体である「ファッション雑誌」が普及したのが、20世紀に入ってからである、ということに深く関係している。

ファッション写真を掲載した20世紀前半の雑誌としては、ヴォーグ(VOGUE、アメリカ版は、1893年創刊。当初は、ゴシップ誌のようなものであったが、Conde Nast Publications, Incに1909年に買収された後、ファッション雑誌と方向転換をする。イギリス版は1916年創刊、フランス版は1922年創刊)とハーパース・バザー(Harper's BAZAAR, 1867年Harper & Brothers 社が創刊(創刊時のタイトルはHarper's BAZAR。1929年に現在のつづりとなる。1913年に、Hearest Corporation(William Randolph Hearest)が買収した後、誌面が刷新された)の2誌が双璧である。

この2誌からは、極めて多くのファッション写真が発信され、この2誌を「出身」とする写真家も多い。特に有名なのは、ハーパース・バザーにおいては、1930年代半ばから1950年代末にかけて、編集者カーメル・スノー(Carmel Snow)、そして、スノーが登用したアートディレクターアレクセイ・ ブロドヴィッチ(Alexey Brodovitch; 1898-1971)の2人コンビが築き上げたいわば「黄金時代」、一方のヴォーグにおいては、これに対抗するかのようにアレクサンダー・リーバーマン(Alexander Lieberman; 1912-1999)がアートディレクターを務めた1940年代・1950年代であろう。

なお、ファッション写真は、一応の地位を確立したと思われる1920年代、1930年代あたりでもなお、いわば「新参者」の分野として、例えば、報道写真よりも1段低いものと考えられていた節がある。その当時、そう考えていた人々が、現在のファッション写真の興隆・隆盛、またその自由さやステイタスを見たとしたら、大いに驚くであろう。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22260288
この記事へのトラックバック
SEO|SEO対策
SEO対策でアクセスアップ
最近のコメント
ホワイトニングと歯列矯正で歯をキレイにが常識 by 吸引力の変わらないただひとつの… (08/02)
高須クリニック ・高須院長自ら実践したアンチエイジング by 無料 (01/24)
美容整形・プチ整形に登場した新施術 時間差できれいになる“ばれない”美容整形 by 無料 (01/24)
美容整形発想の「ミッションDR」ブランドから、たるみ顔に対応する新製品 by 無料 (01/24)
美容整形・ハン・エリが整形手術で大量出血、一時集中治療室に by 無料 (01/24)
最近のトラックバック
★形成外科学 by 外科学の極意(02/02)
★形成外科学 by 外科学の厳選紹介(01/22)
審美歯科・矯正歯科不正咬合の治療 by 歯、知らないと痛い!歯の話(10/01)
美容外科・さかえクリニック by (09/26)
審美歯科・ファミリーデンタルイシダ by 日本の感動(09/16)
RDF Site Summary
RSS 2.0

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。