日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・成熟期

これを受けて、セシル・ビートン(Cecil Beaton; 1904-1980、イギリス版ヴォーグ)とホルスト・P・ホルスト(Horst P. Horst; 1906-1999、フランス版ヴォーグ)は、ピクトリアリスムを捨て、シャープな視線で、モデルの撮影を続け、競い合うようにして、スタジオにおけるファッション写真の質を、著しく高めた。この結果、1920年代後半から1930年代にかけて、スタジオにおけるファッション写真は、一応の完成をみたといえるだろう。いわば、最高のモデルを、スタジオ・ライティングなど最高の撮影条件のもとで撮影する、というスタイルである。

これ以降は、この完成したスタイルをどう壊し、どう変化させて、新しいものを作っていくか、という歴史となる。

なお、この2人といえども、このスタイルに安住してその後変化を怠っている、という訳ではなく、後進の動きを取り入れつつ、自分たちが完成させたスタイルを乗り越えて、大きく変化させて行く事に成功している。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22260163
この記事へのトラックバック
SEO|SEO対策
SEO対策でアクセスアップ
最近のコメント
ホワイトニングと歯列矯正で歯をキレイにが常識 by 吸引力の変わらないただひとつの… (08/02)
高須クリニック ・高須院長自ら実践したアンチエイジング by 無料 (01/24)
美容整形・プチ整形に登場した新施術 時間差できれいになる“ばれない”美容整形 by 無料 (01/24)
美容整形発想の「ミッションDR」ブランドから、たるみ顔に対応する新製品 by 無料 (01/24)
美容整形・ハン・エリが整形手術で大量出血、一時集中治療室に by 無料 (01/24)
最近のトラックバック
★形成外科学 by 外科学の極意(02/02)
★形成外科学 by 外科学の厳選紹介(01/22)
審美歯科・矯正歯科不正咬合の治療 by 歯、知らないと痛い!歯の話(10/01)
美容外科・さかえクリニック by (09/26)
審美歯科・ファミリーデンタルイシダ by 日本の感動(09/16)
RDF Site Summary
RSS 2.0

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。