日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


美容整形の概要>身体装飾

★ファッション写真の大まかな歴史・解放期

スタジオ・ファッション写真の完成と並行して、戦後へと続いていく、大きな動きが始まっていた。
1920年代後半には、ジョージ・ホイニンゲン=ヒューン(George Hoyningen-Huene; 1900-1968、ヴォーグのちハーパース・バザー)が、屋外に出て撮影したり、複数のモデルを1枚の作品に用いるといった、今まででは考えにくい、手法を用い始めた。
さらに、1930年代に入ると、ジャーナリズム出身(報道写真出身)のマーティン・ムンカッチ(Martin Munkacsi; 1896-1963、ハーパース・バザー)が登場し、ホイニンゲン=ヒューンの手法に加えて、タブーともいえる、動きとモデルの自然な表情をとりいれた。例えば、「笑いながら走る女性」という、現在では何の変哲もないが、当時で言えば革命的ともいえる写真である。これにより、以前は、動きも表情もない(または凍りついたような笑いの)正にマネキンのようだったモデルが、その呪縛から解放されることになる。

なお、このような動きは、同時期にノーマン・パーキンソン(Norman Parkinson; 1913-、ハーパース・バザー)も採用しており、戦後のファッション写真に向かう大きな動きが、この1930年代に始まったといえる。

また、この時期にもう1つ指摘しておかねばならないのは、ファッション写真にシュルレアリスム的な感性の流入があったということである(ヴォーグよりも、ハーパース・バザーの方が傾向として強い)。

マン・レイ(Man Ray ; 1890-1976)、アーウィン・ブルーメンフェルド(Erwin Blumenfeld; 1897-1969)、アンドレ・ダースト (André Durst; 1907-1949)といった作家による、シュルレアリスム的美学(ピクトリアリスムとはまた違った幻想性・耽美性)を持った作品が、ファッション雑誌に掲載され(むしろファッション雑誌が積極的に採用し)、その感覚も、以降のあらゆるファッション写真に取り込まれていくことになる。
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>身体装飾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22260014
この記事へのトラックバック
SEO|SEO対策
SEO対策でアクセスアップ
最近のコメント
ホワイトニングと歯列矯正で歯をキレイにが常識 by 吸引力の変わらないただひとつの… (08/02)
高須クリニック ・高須院長自ら実践したアンチエイジング by 無料 (01/24)
美容整形・プチ整形に登場した新施術 時間差できれいになる“ばれない”美容整形 by 無料 (01/24)
美容整形発想の「ミッションDR」ブランドから、たるみ顔に対応する新製品 by 無料 (01/24)
美容整形・ハン・エリが整形手術で大量出血、一時集中治療室に by 無料 (01/24)
最近のトラックバック
★形成外科学 by 外科学の極意(02/02)
★形成外科学 by 外科学の厳選紹介(01/22)
審美歯科・矯正歯科不正咬合の治療 by 歯、知らないと痛い!歯の話(10/01)
美容外科・さかえクリニック by (09/26)
審美歯科・ファミリーデンタルイシダ by 日本の感動(09/16)
RDF Site Summary
RSS 2.0

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。