日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


美容整形の概要>美容と理容

★美容と理容・ニーズの多様化と規制緩和

1990年代に入り、顧客ニーズに変化が現れ始めた。特に流行に敏感な若い男性が従来女性の領域だった美容室に通うようになり、理容・美容間の垣根が低くなっていった。 また大手資本もこの分野に参入するようになった。そんな中、従来の規制の元では顧客を取りこめないため、一部には規制緩和を求めたり、さらには組合を脱退して独自の業態で運営したりする店も現れた。 組合もこの流れには抗しきれず、適正化規定を1998年3月末までに廃止した。(といっても、従来からの店ではいまだに古い規制を惰性で維持しているところも多い。) その一方で、議員立法による理容師法、美容師法の改正により、1998年4月から、理容師・美容師免許が国家試験化されるとともに、受験資格が養成施設の入学資格が原則として高卒とされるなど、資格取得の要件が厳しくなった。

1999年、テレビ番組『シザーズリーグ』で高度な芸術性とテクニックを持った美容師たちが取り上げられ、「カリスマ美容師」ブームが起きた。これを見て美容師を目指す若者が増え、結果として一部では過当競争や労働条件の悪化を招いている。

現在、理美容業は従来にない競争の時代を迎え、業態も多様化している。 今後は理容・美容の垣根の撤廃、さらなる規制緩和が行われるとする意見もある一方で、両資格の資格の専門性を高めるための動きも見られるところである。 なお、QBハウスや日本フランチャイズチェーン協会が行った構造改革推進特区、規制改革の提案は、いずれも認められておらず、2005年5月の構造改革推進特区有識者会議においても、重点検討項目の候補としては俎上に上ったが、最終的には重点検討項目からは落ちている。

また、美容業者についは現状では整髪・化粧に留まらず、いわゆる理髪・理容業の範囲を侵し、理容業においても法解釈上、化粧など美容業の職域を侵している事例があることから、歴史的経緯を超越し、理・美容統一資格を策定(過渡期においては旧理・美容資格者に新資格を与える等)すべきとの意見もある。

但しその場合には、美容師は以前より芸能界とのコネクションを有し、それを通じ政財界との結びつきが強いので理容師の立場が美容師に一方的に侵食されない配慮は必要であろう。(例えば資格の相互認定・一定の講習により相互の資格を無条件認可など) 尚、今後の理、美容師数の変化の見通しとしては美容師数は増えるが理容師数は暫減するであろうと予想される。
タグ:理容と美容
| コメント(0) | TB(0) | 美容整形の概要>美容と理容
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
SEO|SEO対策
SEO対策でアクセスアップ
最近のコメント
ホワイトニングと歯列矯正で歯をキレイにが常識 by 吸引力の変わらないただひとつの… (08/02)
高須クリニック ・高須院長自ら実践したアンチエイジング by 無料 (01/24)
美容整形・プチ整形に登場した新施術 時間差できれいになる“ばれない”美容整形 by 無料 (01/24)
美容整形発想の「ミッションDR」ブランドから、たるみ顔に対応する新製品 by 無料 (01/24)
美容整形・ハン・エリが整形手術で大量出血、一時集中治療室に by 無料 (01/24)
最近のトラックバック
★形成外科学 by 外科学の極意(02/02)
★形成外科学 by 外科学の厳選紹介(01/22)
審美歯科・矯正歯科不正咬合の治療 by 歯、知らないと痛い!歯の話(10/01)
美容外科・さかえクリニック by (09/26)
審美歯科・ファミリーデンタルイシダ by 日本の感動(09/16)
RDF Site Summary
RSS 2.0

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。